メンヘラカップルですがなにか。

私、HちゃんはJくんと付き合っている。

Hちゃんは16歳のロリィタちゃん。
統合失調症解離性障害のメンヘラさんである。

Jくんは25歳のヴィジュアル系のバンドマン。
ADHD適応障害のメンヘラさんである。

「うーん恋と愛の差かぁ…。
恋はちゅきで愛はいっぱいちゅきってこと。」

そんなようなことをJくんが言ってたな。

こんなキャラが濃い私たちだが
お互いいっぱいちゅきなのだ。


H「元カノに嫉妬」
J「元カレに嫉妬」
H「じゃあ死んでやる」
J「じゃあ俺の方が先に死んでやる」
H「いや、私が先に死ぬ」
J「寂しいから俺先に死ぬ」
H「私だって寂しいよ」
J「じゃあ一緒に生きよう」
H「うん」




H「うぅ…主治医さんが頓服出さなかった…」
J「つらいなぁ…よしよし…」
H「あぁ…うつうつ……」
J「俺が頓服に変身出来たらなぁ(´・ω・`)」
H「Jくんと話してると安定するから、Jくんは精神安定剤だお?(´・ω・`)」






H「大丈夫。生きてる。」
J「ありがとう」
H「生きててありがとう言われたの初めてかもしれない」
J「いつも思ってるよ。」








H「私つらいよ…しんどいよ…どうしたらいいのかわからないよ…生きていけない…」
J「今までつらかった分俺と幸せに生きるんです。」
J「俺ももう自殺とかしないから。
俺死ぬ時はICUじゃなくて家で死にたい」
H「じゃあHも生きてる…Jくんが死んじゃう時は横で手繋いでてあげるね。」



J「手と足のソワソワが収まらない(´;ω;`)」
H「ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ。大丈夫?(;;)」
J「とりあえず冷やしたり温めたりしてる」
J「あと胃も痛いし…」
H「心配だよぉ……(´;ω;`)」
H「ごめんよ…そばに居れなくて…」
J「大丈夫だよ。いっぱいちゅき」
H「いっぱいちゅきぃ(´;ω;`)」


こうしてメンヘラ同士支えあって生きてる。