メンヘラカップルですがなにか。5

Jくんがお母様に首を絞められて

反撃をしてしまった。

 

「Jくん…?大丈夫…?」

 

カメラ越しのJくんはすごく泣いていた。

 

「こんな弱い俺がHの横にいていいんだろうか。俺達が付き合う前だってJくんなら安心だよってみんな言ってくれたけど、俺じゃ何も安心させられないよ!なんでこうなるんだよ!」

 

「Jくん、聞いて。Jくん。」

 

Jくんは泣きながらタバコに火をつけ

悔しそうに泣いていた。

 

「Jくん、私はあなたの横にいれるだけで幸せ。そして、私はJくんに完璧を求めていない」

 

「えっ……」

 

「Jくんは弱いところを過去の彼女さん達に見せたら離れていっちゃってこうやって彼女に弱いところを見せるのが怖いんでしょ?」

 

「うん…」

 

「でもHには見せてくれた。」

 

「俺泣いたとこ見せるの初めてなんだよ」

 

「そっか…余計に私は嬉しいよ。

ありがとう。Jくん。」

 

「俺だって、俺だって、本当はこんな奴じゃなくて普通な人になりたかった…」

 

「Jくんは普通じゃない。

ADHDって病気の人だけど、それを言ったら私は統合失調症っていう病気の人。

私も普通じゃないんだよ。」

 

そう言ってニコッと笑った顔を

Jくんに見せつけた。

 

「俺さ…このままだと入院になっちゃうよ…」

 

「入院になっちゃったら待ってるから」

 

「多分携帯は使えるから……」

 

「うん、それだけが救いだね…」

 

「入院したら俺痩せるし、それに減煙しようと思うんだよね…」

 

「ふぇ?病院食で痩せるのはわかるけど

なんでわざわざタバコ減らすん?」

 

「Hがタバコあんまり得意じゃないって知ってるから…会った時少しの時間でも近くにいたいから…」

 

「…ありがとう…」

 

私はすごく嬉しかった。

タバコの臭いが得意じゃないって

覚えてくれてたこと、Jくんは結構数量が多いけど減らそうとしてくれてること。

それだけで幸せだった。

 

その日の夜はやけにJくんは私を起こした。

 

「H、起きてよぉ…」

 

「Jくん?ごめんごめん。寝てた…」

 

「起こしちゃってごめんね…」

 

「ううん、いつも私が起こしてるからいいんだよ」

 

「本当に…ごめんなさぃ……」

 

 

すごくさみしかったのかな。

ごめんね。寝ちゃって。

 

次の日。

 

「今日病院行くか迷う」

 

「そんなに落ちちゃってる…?」

 

「うーん…」

 

その後私が言った方がいいって事で

Jくんは原付で病院まで行くことになった。

 

「入院フラグビンビン」

 

「うーん…やっぱ入院なっちゃうかぁ…」

 

「閉鎖だけは断った」

 

「うぅ…心配だなあ…」

 

「やめよか。

ただこのままだと死にかねん言われたから

入院受けるつもりだった。」

 

「あ…入院しよう…ごめん…」

 

「好きぴでいてくれる?」

 

「だいしゅきだよ…」

 

「ちゃんと毎日電話する」

 

「ごめんね。弱くて」

 

「助けてあげられなくてごめんね。」

 

「ううん、死ぬ前に気づけたの。

Hのおかげだよ。」

 

「ごめんなさ…」

 

「頑張ってよくなるから。

謝らないでいいんだよ。

Hのおかげで今生きられる。」

 

「死と入院。

死を止めてくれたのがH」

 

私は学校を飛び出して近くの

公園でうずくまって泣いていた。

 

とぼとぼ帰って私はJくんの入院を

受け止めるしかなくなっていた。

 

Jくんの助けてくれたは命なんだろうな。

 

私の助けるは入院しないで病気を治すって意味だったんだけどなぁ…。

 

ごめんね。Jくん。入院、頑張ってね。

 

 

 

 

 

 

「あとでHの住所教えろください」

 

「え?wwwなんでや?www」

 

「ンン?悪用?(する訳ない)」

 

「ふふふ。まぁ、まだよい…」

 

「なにか教えて!!」

 

「衝動で…」

 

あるネックレスの画像が送られてきた。

 

カミソリ?のネックレス。

 

正直めっちゃ可愛い。

 

「2個ポチッた」

 

「えええええええええええ!!?」

 

「まて、2個ポチッたってどうゆうこと?

Jくん2個つけるの?(バカ)」

 

「ひとつはHにあげる」

 

「ぐへへへへへへへへへへへ」

 

初めてのおそろっちはカミソリのネックレス。

 

なんてメンヘラ感溢れるネックレスだろうか。

 

まぁ、いいか。メンヘラバカップルですから。